company

会社概要

会社概要

GREETING

代表挨拶

第五電子工業は、永年ステンレスを中心に金属の部品加工を生業とし、溶接、機械、板金加工の設備を同じ敷地内に有しています。特に溶接に重点を置いており、一般的なTIG溶接を始め、ロボット溶接、ファイバーレーザー溶接、自動溶接等、多彩な設備を導入しております。気密溶接の中でも水密溶接をメインターゲットとしており、熱交換器(ラジエーター)や水路付きのチャンバー、ジャケット構造品などの水密溶接品を多く手掛けております。その他にも、化粧ミガキの板金パネル溶接や、溶接後の二次加工を含む製品を得意としております。主な得意先は、半導体製造装置、真空装置メーカーです。部品加工だけでなく、クリーンルーム内のユニット組立まで幅広く対応します。

また近年では、半導体製造装置の業界の動向に関わらず、持続的な事業を進められるよう、これまでに培った知識を生かし、食品機械、医療機器、航空宇宙等、あらゆる業界の加工品にチャレンジしております。モットーは、品質管理の徹底とスピード対応で、お客様に満足してもらえる商品、サービスを提供します。見積一日対応も実践しています。試作とその後の量産対応や、単品製作も喜んでご検討させて頂きますので、どうぞ安心してお問合せください。 代表取締役 水田 光臣

VISION

企業理念

基本理念

先端技術の発展を永年蓄積した加工技術で支え社会に貢献していく。
これにより企業の存在価値を高め社会になくてはならない存在になる。

経営理念

利益について
100年継続できる企業体制を構築するためにも、適正な利益を追求し企業価値の向上を目指す。
事業分野について
半導体業界を中心とする最先端分野において高品質な製品を提供し、この分野の発展に貢献する。
組織について
個々の能力を最大限発揮し、企業価値を最大化する適切な組織をつくる。
社員について
自主性と創造性が発揮できる職場環境を提供する。
安全と健康と環境について
事業に関するすべての人々の安全と健康、および地球環境保全を第一に考えて経営をおこなう。
品質とサービスについて
顧客の満足と信頼を第一に考えて行動する。顧客の期待に応えられる品質の製品を提供し、何事もスピード感を持って対応する。
成長について
蓄積した技術に磨きをかけるとともに、常に先進技術の導入も行い、技術を融合させて他社との差別化をはかり継続的に成長出来る仕組みをつくる。
社会的責任について
企業としての社会的責任を自覚し、社会から高く評価される企業となる。
地域社会や所属団体や社員に満足を与えられる企業となる。

INTRODUCTION

企業紹介

会社名
株式会社第五電子工業
業種
生産用機械機器製造業
半導体・フラットパネルディスプレイ製造装置製造業
所在地
  • 本社工場
    〒252-0132 神奈川県相模原市緑区橋本台2-7-23
  • 第二工場
    〒252-0132 神奈川県相模原市緑区橋本台2-6-15
  • 第三工場
    〒252-0132 神奈川県相模原市緑区橋本台2-5-15
  • 第四工場
    〒252-0132 神奈川県相模原市緑区橋本台2-6-25
  • 第五工場
    〒252-0132 神奈川県相模原市緑区橋本台2-4-8
電話
042-774-2345(代)
FAX
042-772-1575
E-mail
eigyo3@netdaigo.com
eigyo8@netdaigo.com
土地・建物面積
  • 本社工場
    土地面積:981㎡ / 建物面積:1,598㎡
  • 第二工場
    土地面積:1,664㎡ / 建物面積:1,920㎡
  • 第三工場
    土地面積:1,322㎡ / 建物面積:1,548㎡
  • 第四工場
    土地面積:964㎡ / 建物面積:304㎡
  • 第五工場
    建物面積:335㎡
代表
水田 光臣
年商
19.6億円 (2022年4月期)
設立
昭和35年7月
資本金
1,000万円
従業員数
103名 (2022年5月現在)
主要取引先
東京エレクトロンテクノロジーソリューションズ株式会社
島津プレシジョンテクノロジー株式会社
島津産機システムズ株式会社
株式会社島津製作所
株式会社KOKUSAI ELECTRIC
株式会社SCREENセミコンダクターソリューションズ
武蔵エンジニアリング株式会社
横河ソリューションサービス株式会社
株式会社荏原製作所
旭国際テクネイオン株式会社
概要
  • KESステップ2登録
  • ROHS対応工場宣言
  • 環境宣言
  • SDGs
技術
第五電子工業の水密溶接に関する技術

HISTORY

会社沿革

1960年7月
第五プレス工業 設立
1962年2月
有限会社第五プレス工業所に改組
1965年4月
精密順送型で製造開始
1969年7月
有限会社第五電子工業に改組
1973年8月
本社工場新設移転(現在の場所)
1979年
半導体、真空分野に進出
1992年12月
資本金1,000万円に増資
1993年1月
株式会社第五電子工業に改組
1995年7月
ニュークリエイティブプランツ工場増設(組立工場)
2006年11月
新工場建設(クリーンルーム増設)
2006年12月
増設組立工場閉鎖(本社工場に集約)
2009年7月
代表取締役に水田 光臣就任
2013年2月
KESステップ2 認証取得
2016年10月
第二工場増設(溶接工場)
2018年4月
本社工場に3棟目の工場新設(C棟)、年商12億達成
2018年11月
新たに土地を取得し第二工場稼働開始
2018年12月
第二工場(借工場)の稼働停止
2021年1月
第三工場開設(パイプ加工工場)
2021年11月
第四工場開設(機械加工工場)
2022年7月
第三工場を第五工場へ改称
2022年7月
(新)第三工場開設(板金・パイプ加工工場)
会社概要PDFをダウンロードする 第五電子工業の水密溶接に関する技術